hutoi2

1. 一皮向く…前に見ておきたい亀頭・陰茎増大手術

本記事を読む前に自分のペニスを見て下さい…見ましたね?

では本記事に入りましょう、皆さんは自分自身のペニスを手術で直したいと思った事はありませんか?

 

包茎手術なら間に合ってるよ」とお思いの方、半分は違います。

 

今回お話するのは「亀頭・陰茎増大術」です!

そもそもそれは何ですか?との声もあるのでまずは答えましょう。

 

細く小さいペニスを太く大きくし短小も解決するための手術

 

ペニスを鍛えるトレーニング方法やサプリメントが無い訳ではないが手っ取り早くペニスを直したい時にはこちらも選択肢としてはあります。

ここからは施行した場合の話です、御覧下さい。

 

Q. その手術で得られるメリットとは何ですか?

 

A. 主にですが

・早漏が無くなる

・仮性包茎持ちの人は包茎も直すことが可能

・ペニスの見た目が良くなり夜の営みで女性の目を引きやすくなる

この3つが得られやすいです、特に包茎で悩んでいる人はペニスの強化も出来て一石二鳥な手段だと思います。

…とここまでは良い面のお話です、次は悪い面のお話です。目を背けずに御覧下さい。

 

Q. 魅力的だけどデメリットもあるんでしょうか?

 

A. 残念ながら存在します。少なくとも

・まず手術代が高い、比較的安値の注射でも10万円前後が相場

・手術後のアルコールと重労働は控える、最低でも一週間程は我慢する必要あり

・内出血により痣が出来る場合も存在する

・ペニス自体に違和感を感じるようになり、酷い場合は機能障害が残ったetc

これらが主に挙げられます、他にも精神面でペニスに悪影響を及ぼしてたりと検討する前に自分で再確認してみるといいですね。

実は意外な所で悪影響を及ぼしてた…となると時間とお金の無駄になりますからね。

 

幸い施行前には無料カウンセリングを実施している所もありますので手術する前に相談してからのが安全です。

 

さて陰茎増大術についての説明、如何でしたでしょうか?

私としては良い面と悪い面の両方をちゃんと伝えたつもりです。

 

このままやってみようと思うのも良し、一旦引き返して検討し直すも良し。

これは貴方自身が決めなければいけないこと、私に出来るのは後悔しない様にせいぜいアドバイスするだけです。

最後に決めるのは貴方、自分の心に従って下さい。

2. 長径術と増大術の違いと施術方法について

ペニスにコンプレックスがある男性には増大術長径術を受けるという方法があります。

長径術はペニスを長くするもので、増大術は太くするものと思う人も多くいますが、実はどちらも同じ陰茎増大手術に属します。

 

基本的に「陰茎増大手術」には以下の3つがあります。

・長径術

長径術は、ペニスが体内に埋もれている場合、周囲を切除して引っ張り出すという方法です。

ペニスは普通、恥骨と靭帯で体内に結び付けられていますが、その部分を切除して長さを引き出します。

 

元々自分が持っている長さですので、大きくなるということではありません。

長径術にはメスを使用する場合と、使用しない場合があります。

 

メスを使わない場合は糸で引っ張り出すやり方をします。

メスを使用する方法よりも費用は安くなりますが、何年か経つとと元に戻ってしまうケースも多くあります。

・脂肪吸引長径術

ペニス付近に脂肪が多く、体内に埋もれてしまっている部分が多い場合には、下腹部の脂肪も切除する必要があります。

メスを使用する上に脂肪吸引も兼ねていますので費用は高めになりますが、効果は持続します。

・増大術

ペニスを太くしたいだけの場合、増大術はひとつのみになります。

注射によりコラーゲンや脂肪、アクアミドという成分を注入する方法です。

 

但し注入する成分と、部位によりペニスが受ける負担やアフターケアが変わってきます。

自分の目的と体質に合った注射を選択することで、理想通りのペニスに仕上げることができます。

 

ペニスが細い場合には、ただ注射で太くすれば良いのか、長さを引き出した方が良いのかの選択肢があります。
まずは専門の医師に相談をしてみましょう。

3. 注入する液体は何?

手術と聞けば大掛かりなことをイメージするかもしれませんが、実はイメージしているよりも簡単に施術ができることが多いです。

 

そこで、今回は、亀頭や陰茎に注入する液体について説明していきます。

亀頭を大きくするための手術は、亀頭に次の4つの液体いずれかを直接注射することによって大きくする方法が取られます。

 

具体的には、バイオアルカミド、コラーゲン、アクアミド、ヒアルロン酸の中から注射したい液体を選んで注射することになります。

・バイオアルカミド

・コラーゲン

・アクアミド

・ヒアルロン酸

それぞれの液体によって効果が出る期間はまちまちですが、バイオアルカミドでは半永久的に効果を感じることができます。

また、ヒアルロン酸では1~2年ほどの効果を感じることができます。

 

費用面では、効果が高いバイオアルカミドの液体が他の液体に比べると若干高くなっています。

陰茎を手術する方法も同じように液体を注射する方法が取られることが多いです。

 

中には、自分の体の脂肪分を陰茎に持っていくという手術をすることもできます。

このように、亀頭や陰茎を手術する方法は注射をして一定の期間大きくしておくことになります。

 

注射をするだけで効果が出ますので、切る手術に比べても安全な方法だと言えます。

とりあえず試してみたいという方には、異物反応、アレルギー反応の心配が殆どないヒアルロン酸を注入する手術をおすすめします。

4. 亀頭、陰茎増大手術の継続効果は?

亀頭・陰茎増大手術とは、ペニス全体ではなく亀頭部分、陰茎部分に絞った強化手術の事で亀頭が小さい、陰茎が細いなどの見た目のコンプレックス、その他にも早漏の治療方法としても効果があります。

1.  亀頭、陰茎増大手術のメリット

・亀頭が大きくなる

・陰茎が太くなる

・早漏が改善する

手術方法も簡単でヒアルロン酸や脂肪を強化したい部分に注入する方法です。

2. 長茎手術との違い

長茎術との違いは、亀頭、陰茎増大手術は基本的に太さの改善、長茎手術は長さを出す手術の事です。

長茎手術を行うと体の中に引っ込んでいるペニスを引っ張りだすので長くなり、真性包茎、仮性包茎の包皮が戻らなくなるので包茎が治るメリットがあります。

 

亀頭、陰茎増大手術(増大手術)は見た目のとしての効果が大きく、注射1本で行われることがほとんどです。

太くはなりますが長くはなりませんので、細くて悩んでいる人に向けての手術になります。

3. 亀頭、陰茎増大手術の持続期間

また、注射で薬剤や、自分の脂肪を注入して太くするので、薬剤の種類によっては値段も違いますし、継続効果も違います。

使用する薬剤はヒアルロン酸で大体2年弱、アクアミドで7年弱、自分の脂肪で定着すれば半永久。

・ヒアルロン酸…2年弱

・アクアミド…7年弱

・自分の脂肪…半永久

持続期間と値段も比例して上がります。

その他にも病院によって使用する薬剤は違ってくるので確認してみると良いでしょう。

4. 亀頭、陰茎増大手術のリスク

亀頭、陰茎を太くする効果がありますが手術ですのでもちろんリスクもあります。

陰茎の形や包皮が余りある部分に注入すると形が悪くなってしまう恐れがあるので、包茎で包皮が強い方は包茎手術を行ってからの治療の方が綺麗な形になるでしょう。

ヒアルロン酸注入によくあることですが凹凸感やしこりなどが残ってしまう場合もあります。

 

メリットももちろんありますがリスクもしっかりと理解したうえでの治療をお勧めします。

気になるときは一度病院で相談してみると良いですね♪

5.亀頭・陰茎増大術の費用はどのくらい?

男性器のサイズが小さくて悩んでいると、女性との会話にも影響が出てしまい、綺麗な女性と付き合うチャンスが中々訪れない状況になってしまいます。

これを回避するためには、男性器の悩みを早めに解消することが重要になります。

 

男性器を大きくするためには、亀頭・陰茎増大術、又は長茎術などもあります。自分の男性器のサイズのどこにコンプレックスがあるのかよく考えて、対策していくことが重要となります。

1. 長茎術の料金目安

長茎術とは、男性器の根元の見えない部分を引っ張り出す施術です。

男性器は多くの靱帯に支えられており、この靱帯の位置を前にずらすことによって見える部分の男性器を長くする施術となります。20万円前後の予算が必要となります。

肥満である人の場合には、男性器の根元部分の脂肪を吸引することによって、見える部分を増やすという施術もあります。

2. 陰茎増大術の料金目安

陰茎増大術は、高分子ヒアルロン酸を男性器全体(サオの部分)へ注入し、サイズアップをする対策です。

注入する量により6万円程度から20万円以上の予算が必要です。

3.亀頭増大術の料金目安

また、亀頭部分(カリの部分)だけを大きくするには、バイオアルカミドやアクアミドを注入する施術があります。

亀頭増大術は注射剤の種類によって10万円前後の予算が必要となります。

 

これらの施術は複合的に依頼する事も可能であるし、包茎手術を同時に依頼することも可能となります。仮性包茎で悩んでいる人の場合は、亀頭増大術でカリの部分を大きくすると平常時でも亀頭のサイズが大きくなるため、皮が被らないようになる可能性もあります。

 

それぞれの施術のメリットと予算を考慮して依頼していけば、自分の希望する男性器にしていく事が可能となります。

6. 亀頭・陰茎増大術のおすすめクリニックはどこ?

ペニスにコンプレックスを感じている男性は、思い切って亀頭・陰茎増大術を受けてみるとよいでしょう。

 

亀頭・陰茎増大術を受けることでペニスを大きく立派にすることができ、男性として自信を持って生きていくことができます。

施術を受ける時には、いくつかの方法から選択していくことになりますが、その中でもヒアルロン酸やコラーゲンを注入していく方法は抵抗なく受けることができます。

 

これらの成分は、肌の老化改善にも多用されている安全性の高い成分になっているため、ペニスに注射したときの不安がありません。

 

また体に吸収されたときの害の心配もいらないので、大きくしたいだけではなく安全性にこだわりたい方にも適しているのです。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンを注入していく施術は、短時間で終えることができますし、施術後4日程度で性行為を行えるようになるため、恋人や奥さんがいる方でも安心して受けることができます。

また、施術を受けた後にはアルコールを飲まないように気を付けたり、激しい運動を行わないようにすることで、迅速に回復させることができます。

 

この亀頭・陰茎増大術は、多くのクリニックで行われていますが、「 上野クリニック 」なら安心して治療を受けることができます。

このクリニックでは、経験豊かな医師が治療を行っていくため、ペニスに関する施術を安心して行うことが可能です。また治療前にはカウンセリングを受けることができ、不安や心配を解消できるでしょう。

7. 【実践】亀頭増大術で明らかに大きくなりました

皆さんの中にもアソコが小さいことで悩まれている方がいるのではないでしょうか。…でしたら、私が受けた亀頭増大術を実践してみると良いです。何故なら、明らかに大きくなるからです。

 

自分も皆さんといっしょでアソコが小さいことで悩んでいました。…なので、思い切って上野クリニックの「 無料カウンセリング 」を受けてみたのです。

 

すると、医師に「長茎術は必要ないですね」と診断、亀頭増大術をススメられたのです。

詳しく医師に聞いてみると、亀頭増大術の方が薬剤を亀頭に注入するだけで手術時間もかからず、すぐに大きくなるから良いと説明を受けました。

 

それに、亀頭が大きくなると女性の性感帯を刺激しやすくなるため、こちらのほうが私の場合には合っているという話だったのです。

専門家がそう言うなら間違えないと思い、私は亀頭増大術のヒアルロン酸注入を受けることにしました。

 

で、結果のほうはというと明らかに大きくなりました。以前より人差し指の第一関節位大きくなったように思えます。こんなにも違うものかと多少感動したことを今も覚えています。

 

自分の場合は手術中も痛みを全く感じず、術後も腫れなどは一切ありませんでした。

それに、何かあった時でも無料メール相談ができるという安心感があったので心強かったですね。

 

手術を受けて1年ほど経ちますが彼女もでき、夜の生活のほうも充実しています。ちなみに、亀頭は以前と変わらずパンパンです。
アソコが小さいと悩まれている皆さんは、上野クリニックで亀頭増大術を受けてみてはどうでしょうか。術後のアフターケアも充実しているのでおすすめです。

医師の話をしっかり聞いていれば問題ないので、思い切ってはじめの一歩を踏み出してみると良いでしょう。

 

➡ 上野クリニック公式ページ