どの包茎手術が一番おすすめですか?

 

包茎手術の方法は、大別すると、4つほど種類があります。

 

1つは「亀頭直下埋没法」。

勃起時の陰茎の大きさに合わせて余分な包皮を切り取り、亀頭の下の部分で縫い合わせる方法です。

 

2つめは「環状切除法

亀頭部の1cmくらい下の余分な皮膚を輪切り状に切り取る方法です。

 

3つめは、「根部切除法

ペニスの根元で、余った皮膚を切除する方法です。

 

4つめは、「包皮小帯温存法

ペニスの性感帯に当たる「裏筋」を傷つけず、手術する方法です。

 

どの手術方法にもメリットとデメリットがありますが、この中で一番のススメなのは、最初に書いた「亀頭直下埋没法」になります。

 

その理由としては、まず何と言って「手術例が多い」ということです。

やはり手術というのは、医師の技術力がすべてですので、その技術力を磨くためには、数が勝負です。

ですので、たくさん手術が行われている方法が、経験値も積みあがっていますし、変な話ですが失敗例も医師の中で共有されていますので、結果的に失敗するケースが非常に少ないのです。

 

また、手術方法そのもので言うと、包皮を亀頭に縫合する位置が、亀頭のくびれ(カリという部分です)の下になるので、見た目として非常に目立ちにくい、ということがメリットとして挙げられます。

さらには、費用も他の3種類の方法に比べると、比較的安い、ということもメリットになると思います。

 

以上のような理由で、包茎手術を受けるなら「亀頭直下埋没法」を選ぶことをおススメします。