1. 自慰行為で慣らしていくのが、一番簡単な方法です

まず大前提として、仮性包茎の方とそうでない方で分かれます。

真性包茎の方は、早漏以前にクリニックを受診しましょう。

 

費用は掛かりますが、それは早漏以前にリスクがあります。

 

・仮性包茎の方

自慰行為中に皮を使わないようにしましょう。

完全に剥けるところまで剥いて、軽く亀頭を刺激する感覚に慣れてください。

 

特に仮性の方は今までの癖で根元から擦っている人が多いので、亀頭が刺激に慣れていません。

結果、早漏の方は仮性の割合が多いのです。

 

・通常状態の方

のんびり自慰行為をしましょう。

生活環境次第なのですが、自慰など見られたいものではありません。

 

その焦りが早く済ませようという気持ちになり、結果早めに処理するという習慣が生まれています。

 

やり方としては、出そうになったら一度止めましょう。

ギリギリで止めるのはあまりよくないので、ちょっと感覚が来たというあたりで止めて、落ち着いたらもう一度です。

 

とはいえ、現実として中々難しいので最初は慣れましょう。

早漏はそもそも今までの射精習慣からくるものなので、そう簡単には治りません。

 

一番ネックなのが、夫婦関係です。

ある程度慣れる為に自慰で特訓する訳ですが、相手から見れば毎日AVやアダルトグッズに夢中になっていると思われます。

だからといって、はっきり早漏改善だと宣言するのも心理的に厳しいものがあります。

 

誰もいない一人の時間が作れない場合は、個室ビデオ等の施設も視野に入れましょう。

結局、大元の原因は余裕の無さなのです。

 

バレたら駄目→早く済ませよう→その状況が気分を高める…という悪循環が早漏を形作っているので、無理をしてでも余裕を持って自慰をできる場所を作らなければいけません。

 

この辺は、もう個人の問題でもあります。

奥さんにそのまま相談できる関係であれば、回数をこなせば段々と慣れによって早漏も改善していきます。

 

言えるのであれば普段の営み+自慰で、言えないのであれば個室ビデオ一人の空間を無理でも作りましょう。

【チェック】既婚者の早漏対策

① 妻に相談できる → 普段のSEX、自慰で改善

② 妻に相談できない → 個室ビデオ、一人空間を確保

基本的には、言ってしまった方がトラブルを避けられます。

個室ビデオ等は浮気を疑われることもありますし、常にリスクを抱える事になるので慎重に行動しましょう。

2. 早漏の種類と原因、そして対策 Q&A

 

Q: 早漏の定義を教えて!
A: 性交のときに男性側の射精が早くパートナーが満足できない状態のことを言います。

一般的には、ペニスを膣内に入れてから30秒から1分30秒までが早漏であるとされており、マスターベーションの際には使われない言葉であります。

 

Q: 早漏の原因と種類は?

 

A: 早漏の原因は大きく分けて3つあります。

① 過敏性早漏(かびんせいそうろう)

ペニスが敏感であり性的な興奮を伴わなくても射精してしまいます。

思春期の頃、家族の目を気にしてマスターベーションを早く済ませていたことなどがクセとして定着している可能性もあります。

② 包茎性早漏(ほうけいせいそうろう)

日本人男性の6~7割は包茎であると言われています。

膣にペニスを入れた瞬間、皮がペニスの付け根方向に向かって押し下げられます。

 

今まで皮で守られていた部分が摩擦によって擦られるため、性行為に不慣れな場合すぐに射精してしまいます。

③ 心因性早漏(しんいんせいそうろう)

性行為に対する緊張と不安が原因として挙げられます。

包茎生早漏と過敏性早漏との併発、負のスパイラルに陥ることもあるでしょう。

 

Q: 早漏の対策を教えて!

 

A: 早漏の具体的な対策は原因別に3つあります。

 

① 過敏性早漏の場合

自分がオナニーをするき、どのようなタイミングで射精しているのかを調べましょう。

どうすると射精しそうになるのかを覚えておくことで意図的にペニスへの刺激を減らし早漏への対策を打つことができます。

② 包茎性早漏の場合

ペニスへのマッサージが効果的です。

血流が良くなったタイミング(お風呂、シャワーなど)を見計らってペニスをマッサージしましょう。

刺激に対する耐性を付けることが目的です。

③ 心因性早漏の場合

緊張と不安は交感神経を活発になっている状態のことです。

そして交換神経ことそ射精のトリガーとなっています。

薬での治療、カウンセリングなど医療機関に頼るのも手ですが、何にせよパートナーとの協力が必要不可欠になってきます。

3. 皮オナニーをやめてPC筋を鍛えよう

◆早漏はセックスを楽しめない。でも遅漏も嫌われる

 

セックスの時、いわゆる「三こすり半」では自分も相手の女性も楽しむことができませんよね。

しかし早漏の反対の「遅漏」も女性には嫌われることが多いのです。

 

大切なのは、お互いが気持ちよく満足できるセックスかどうかです。

 

そのためには、早すぎても、遅すぎてもだめです。

丁度いいタイミングで射精できるように、コントロールする必要があります。

 

◆早漏の問題はオナニーの仕方に問題がある

オナニーが早漏になりやすい射精習慣を作っているのです。

 

大抵の人はオナニーに少なからず罪悪感があります。

オナニーで時間を無駄にしたくない、なるべくならさっさ済ませて他の事をしたいと思います。

 

そこで早く射精する結果、早漏になる訳です。

また、男性がオナニーする場合、たいてい竿を刺激して亀頭を刺激しない「皮オナニー」をしてる筈です。

 

皮オナニーは、皮が伸びて包茎が進行する原因になります。

包茎だと、普段から亀頭が皮に覆われて刺激に弱くなります。

 

そして実際に挿入すると、亀頭への刺激が強すぎて耐えられずに、すぐに射精してしまうのです。

 

◆早漏をなおして射精をコントロールするには?

 

まず皮オナニーをやめましょう。

かわりに亀頭オナニーをして、亀頭への刺激になれます。

 

亀頭オナニーは、皮をむいて亀頭を露出させた状態で、亀頭のみを刺激します。

手にローションなどを塗って、長時間かけてオナニーすることで、射精習慣を改善します。

 

また、PC筋を鍛えることも重要です。

PC筋とは、おしっこを止める時に使う筋肉です。

 

PC筋を鍛えることにより、射精をとめることができるようになります。

オナニーの時に、射精感が高まってきたらPC筋を締めて、射精を止める練習をします。

 

PC筋を鍛えるには、5秒PC筋を締めて、5秒緩めるを20回繰り返す、これだけです。

これを一日3回、間隔をおいて行います。

 

このトレーニングのよい点は、場所を選ばないことです。

PC筋を鍛えて、射精タイミングを自由にコントロールできるようになりましょう。

 

そうすればきっと、女性を満足させつつ自分も満たされる、よいセックスができるようになるでしょう。

4. 薬に頼る方法と自力で改善出来る方法があります

男性で早漏に悩んでいる方は大変多く、俗に言う「三擦り半」で終わってしまう事を指すと考えますが、具体的には挿入後30秒から1分位で射精してしまうのが早漏であると言われております。

 

原因は亀頭部分の神経が過敏で、刺激の影響を受けやすい為に起こります。

この早漏を治す方法としては、薬などによる治療や、スクイーズ法と言う治療方等が有ります。

 

薬による治療はペニスの感度を鈍らせる作用がある局部麻酔系の薬があります。

これは直接ペニスに塗る事で感度を鈍らせ射精までの時間を長くする物です。

 

最初に紹介するスクイーズ法は、特別な治療道具を使ったりする事無く自分一人でできる治療法になります。

 

自分で射精直前の状態までペニスを刺激し射精しそうになった時に亀頭を押さえつけ射精を止めてしまう方法です。

少しコツが必要ですが慣れてくればとても簡単です。

 

次に、私の早漏対策として行っているのは適度にお酒を飲む事です。

適度に酔う事でペニスが受ける刺激が少し鈍くなるので、射精までの時間を延ばす事が出来ております。

 

但し、飲み過ぎは禁物で逆に何も役に立たなくなってしまいます。

女性の立場からするとあまりにも早すぎる早漏は嫌なのかも知れません。

 

ただし逆に遅漏過ぎても疲れたり痛くなってしまうのではないでしょうか。

女心は良く判りません」が適度な挿入後10分位が丁度良いと思います。

 

最後に、早漏に効果のあるサプリをご紹介します。

 

早漏防止のサプリで有名な所ではクライミナックス・ウルトラプレマトロールゼファルリンゼクノリン等になります。

 

これらのサプリに共通しているのは、陰茎を大きくして亀頭の露出を増やし常に刺激を受けている状態にする事にあります。

亀頭が常に刺激を受けている事で早漏の症状の改善に繋がるとされております。

 

又早漏に効果のあるサプリには精神安定効果のある物があります。

これらは男性の性交中の精神状態をリラックスさせてくれるので、射精迄の時間を長くしてくれる効果が期待できます。

5. 私のおすすめ早漏改善法3選

私は以前、典型的な「三こすり半」でした。

そのため、セックスに自信がなく、女性に対してどうしても消極的になってしまっていました。

 

そんな私も、今では人並みの持続力を持てるようになっています。

 

私自身が試して「これがおすすめ」と思える方法を3つ紹介しましょう。

 

1つ目は、いわゆる「寸止め」です。

オナニーをしていて、射精しそうになった瞬間、手を放して射精をガマンするというやり方です。

 

その瞬間、ペニスの根元を強く握って射精を防ぐというやり方もありますが、ペニスの血管に強い負荷がかかりますし、尿道を痛めるような気もするので、私はおすすめしません。

 

寸前に手を離すのは、実際にはタイミングをはかるのが難しく、一瞬遅れて射精してしまうということもよくあります。

しかし、それを何度も繰り返すことによって、寸止めテクニックが身に付きます。

あせらず、繰り返し行うといいでしょう。

 

2つ目は、オナニーをする時、「ローション」を使って亀頭を刺激するというやり方です。

亀頭が敏感すぎるために早漏になってしまうケースが少なくありません。

その場合は、亀頭を鍛えることによって持久力がつくわけです。

 

ふつうに手だけを使ったオナニーでは、亀頭を鍛えることはむずかしいでしょう。

そこで、ローションを使うのです。

 

ローションをたくさん使って、手のひらで亀頭を包み、揉みしだくようにして刺激します。

これを繰り返すことによって、亀頭は次第に刺激に強くなっていくわけです。

 

もう1つは、「オナホール」を使うという方法です。

実際に女性とセックスするときは、言うまでもなく自分の手によるものとはまったくちがう刺激になるわけです。

 

その刺激に慣れるためには、自分の手よりもオナホールを使う方がずっと効果的です。

できれば、本物に近い内部構造を持った大型のオナホールを使って、実際のセックスをシミュレーションすることをおすすめします。

6. 早漏の改善方法について

彼女とのエッチで早く射精してしまうと、相手に申し訳ないなって気持ちになりますよね。

早漏が原因で彼女に振られたなんてこともあると思います。

 

そこで早漏の改善方法をご紹介します。

 

早漏の原因で最も多いのは包茎です。

日本人男性は仮性包茎の方が多く、亀頭を包皮でガードしてる為に外部刺激に弱くなるんです。

 

それ故に挿入した時、刺激を敏感に感じ過ぎてすぐ射精してしまうんです。

この改善方法は常に亀頭を露出させて外部刺激に慣らせることです。

 

こういった仮性包茎由来の早漏を治療する方法は、包茎手術や、包茎矯正パンツ(軽度の仮性包茎だとこれで矯正可能)で亀頭を常に露出させる方法がお勧めです。

 

次に原因となりやすいのはメンタルです。

やり慣れた彼女相手ならなかなかイカないのに、初めてエッチする相手だとすぐイッテしまう、こういう経験をお持ちの男性って多いんじゃないでしょうか。

 

それだけ興奮したから早く射精してしまったわけですが、女性からするともう終わったの?と思われてしまいますよね。

このメンタルを改善するには一回だけなく、二回目のエッチをするのがお勧めです。

 

一度射精してあると精神的に落ち着きますし、二回目だと外部刺激にも鈍くなってます。

ですのでエッチは二回ワンセットと考えてするのをお勧めします。

 

そして一番のお勧めはED治療薬スーパーカマグラの服用です。

 

スーパーカマグラっていうのはED治療薬バイアグラのジェネリック薬品カマグラに遅漏効果を追加させたお薬です。

 

服用するとバイアグラと同じ勃起効果を得られますし、早漏防止成分のダポキセチン効果でなかなか射精しなくなります。

効果時間内(服用20分後~5.6時間後)なら外部刺激さえあればすぐ勃起しますし、二回戦どころか三回戦、四回戦でも体力の続く限りエッチ出来るようになります。

 

二回目以降なら外部刺激にもメンタル的にもイキにくくなりますし、長時間エッチすることで相手にも慣れて来ますし外部刺激にも強くなります。

その結果早漏改善されるのでホントお勧めの方法です。