不特定多数の人との性交渉や、風俗店に頻繁に通っている場合、性病にかかる確率が非常に高くなると言われています。

 

性病にかかる原因は性行為をすることで感染するため、空気感染などでは感染することはまずありません。

性行為によって精液や分泌液、血液などに直接接触することで感染するため、性行為を行ないさえしなければ感染しないとも言えるわけです。

 

特に不特定多数の人との性交渉などは、性病を次々とうつしてしまう原因にもなりますし、何処で誰から性病をうつされたのかも分からないため、性病の感染ルートが非常に解明し難いと言えます。

 

もし性行為をした後に性器に何かしらの異常を感じたり、体調が優れないといった症状が出た場合には、性病にかかっている可能性を疑ったほうが良いかもしれません。

しかし性病というのは恥ずかしくてなかなか医療機関にも行けないという場合が多いため、そんな時には自宅で性病を検査できるキットを利用すると良いでしょう。

 

性病の種類によって検査キットもそれぞれ違いますから、クラミジアを検査する場合にはクラミジア用を、エイズを検査するにはエイズ用の検査キットが必要になります。

検査キットによっては一度に複数の性病検査が出来るものもありますから、それを使うと手間も省くことが可能になります。

 

使い方は非常に簡単で、性病の種類によって血液や尿を使って検査を行うだけとなります。

エイズの場合は血液検査、クラミジアや梅毒は尿検査で性病を調べることが可能になります。

 

検査キットに付属している検査薬を使い尿などの成分を調べるだけですので、素人でも簡単に検査を行うことが出来ます。

性病は喉にも感染することがあるため、うがいで検査を行うことができるキットもありますので、それを利用すればさらに簡単に検査を行うことが出来るでしょう。